設立趣意

目的

国際教育協会は、国際相互理解の促進及び開発途上国にある海外の地域に対する経済協力を促し、国際社会の発展と繁栄に貢献することによって我が国の恒久的な発展と繁栄に寄与することを目的とします。

方針

現在、外国人への日本理解教育事業として当協会は、外国人技能実習生の受け入れを中核にしています。
その理由は、この制度が人づくりに大変可能性を秘めた制度であると考えるからです。その理由は幾つかありますが、第一に言える事は技能実習生で来日した学生は日本語留学生と較べてもより多くのものを学ぶ機会に恵まれているという点です。彼らが学ぶものは、第一義的には技術や技能ですがそれ以外にも日本語、職場での規律や倫理、チームワークや仕事への取り組み姿勢等より広範囲でより深い日本を学ぶ事が出来ます。日本は「正直・勤勉・誠実」が評価される社会です。これらは社会人としての基礎的な素養を高め、彼らに人としての大きな成長を促します、日本の企業は仕事には大変厳しいのです。
第二にコストの問題です、日本語留学生は留学に当たって学費や渡航費、日本での滞在費等大きな負担を強いられます。その負担は留学生自身や両親が負担するのが普通です。発展途上の国から来る留学生にとってこれ等の負担はかなり重いものです。従って言葉の留学で来る学生はある程度富裕な家庭の出身者に限られます。一方仕事の留学で来る技能実習生にこれらの負担はありません。つまり技能実習生は必ずしも富裕な家庭の出身者である必要がないのです。逆にいえばこの制度を使えば、発展途上にあるより低い所得層の家庭の子供たちにも教育の機会を与える事が出来るのです。私たち国際教育協会は、この制度を通じて外国人の人づくりに貢献し開発途上の諸外国の発展に貢献したいと思っています。人と人の交流を通じた付き合いは深く、場合によっては一生の付き合いになることも珍しくありません。私たちは誠実にそして実直にこの事業に取り組んでまいる所存です。

組織

Organization_Chart.png